FC2ブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
福岡公演感想
福岡公演とか書いて、福岡しか行けないんだけどね。
10月のは・・・チケットが取れたら・・・行きたいかなあ。

なっがーいので畳みます。

正直もう記憶が曖昧なんですが・・・
思ったこととかつらつら書いていきます。

あのね、もうね、
右を見ても左を見ても、前も後ろも!
オッサレーなお姉さんばっかりで、正直
気後れしてしまうような感じだったんですけど、
場違いだよね私?みたいな。
でも皆あゆファンなんだって思ったらちょっと落ち着きましたけど。

物販でパンフレット買っちゃったよー。
グッズ買う予定はなかったんだけどなー。

【Rule】 -強さが優しさへと 優しさが強さへと-
スタンド席だったからなんだと思うんですけど、
地面が揺れた、と思ったんです。
地面が揺れた・・・?と思った次の瞬間、
花道の先にあるサブステージに現れたあゆが
いきなりアカペラで歌いだしていたんです。
この瞬間の、全身がしびれるような感覚はもう忘れられません。
アカペラのあゆの歌声が身体の中に響いて、
始まったんだ!と実感して、
狂おしい気持ちになりました。
というわけで1曲目、Ruleでした。
改めて、いい曲ですよねー。どれもそうだけどさ!
ハードな黒い衣装に身を包んだあゆが
観客の熱狂を更にあおるように挑発的な瞳で
力強い迫力のある歌声で、
「高らかに叫ぶ」ように歌う姿に、まずは圧倒されました。
それはまさに、NEXT LEVELに至ったあゆをそのまま表現したような
すごいパフォーマンスでした。

【UNITE!】 -僕には守っていくべき君がいる-
ライブの定番曲とはいえ、自分が行くライブで聴けるとは
思っていなかっただけに感激もひとしおだった曲その1です。
「一緒に!」「行くよ!」というあゆの掛け声に導かれて
おもいっきり手を上げて踊れたのが、嬉しかったあー。
1曲目はハードで力強い印象だったけど、
この曲ではあゆの笑顔が拝めたのが、最高でした。
どんなあゆも好きだけど、やっぱり笑顔が一番綺麗で素敵。
「守っていくべき君」というのは、あの瞬間は確かに
私達のことだったと自惚れたくなるような、
そういう笑顔。
泣くなって方が無理だから!!

【EnergizE】 -結局ね どんな君も好き-
アルバム曲の最初はこれでした。
(Ruleもアルバムに入ってるけど、シングルだから・・・)
VTRをはさんで再登場したあゆは、
さっきとは全然違う、衣装でした。
チアガールっぽい、真っ赤な衣装(もちろんミニスカートですよ!)に
ポンポン持ってましたからねー・・・最強ですよねー・・・
曲調にぴったりの派手でポップなダンスを全身でおっきく踊りながら
ブリっ子声で歌うあゆ、もちろん満面の笑顔!
周囲から「かわいいぃぃ・・・」というため息が聞こえる中
もちろん私もめろめろずっきゅーん状態でした。
ポンポンがこんなにも似合う30歳を他に知らないぞ私は!!!
この曲可愛くて大好きなんで、
曲のイメージ通りの可愛らしさ全開なあゆを
必死で脳みそにやきつけようとしてましたよ・・・。
あゆのブリっ子な一面については、これだけでも
1時間は語りたいところなので、ここでは書きませんけど
とにかく可愛かったってことですよ。

【AUDIENCE】 -君たちが僕の誇り-
ライブの定番曲とはいえ、自分が行くライブで聴けるとは
思っていなかっただけに感激もひとしおだった曲その2です。
いやー、まさかAUDIENCEまで聴けるなんて!
前奏が流れた瞬間、うっわーって、叫びそうになりました。
これ大好きなんだよー!この曲本当に大好きなんだよー!
「一緒に手を叩い」ちゃいましたよ!
正直泣かずにはいられない場面でしたが
テンションが上がりすぎちゃって、涙出ませんでしたもん。
「君たちが僕の誇り」のところのあゆの振り?ていうか動き?仕草?
が、とにかくたまらないんです。

【LOVE 'n' HATE】 -始まりと終わり告げるカウントが無情に響く-
再びVTRをはさんでの再登場です。
次の衣装は、ちょっとハード?
グレーの・・・なんていうんだ、これ・・・軍隊?みたいな?
あ、でもミニ丈でしたけどね
(主にあゆの顔を見ているから、衣装の記憶は特に薄くなりがちです、すいません)
「0」の時のあゆが、セクシーすぎてもうあれどうしたらいいのさ。
曲が曲だけに、切なく苦しそうな表情メインなんですよ。
ああ、もう手出しできないのが辛い!ってくらいの悲痛な感じ。
でもその悲痛さがなんともいえない色気を醸し出していて
こっちの胸が苦しくなりました。

【identity】 -真実にはかなわない わかっているんでしょう?-
SHUYAさんとの絡みがセクシーでしたねえ。とっても。
あゆの太ももを撫ぜるSHUYAさんの手!を大写しにするカメラ!
どうなのそれ!どうなのよ!
SHUYAさんだから許すけど!格好いいから許すけど!
でもあゆの太ももに触るなんてー!
さっきの衣装から上着を脱いでさらにセクシー度が増したあゆの
激しく力強い歌声と
SHUYAさんの切ない表情がいい感じで合ってて
よし、SHUちゃんにならあゆを任せてもいいよ!って
お前何様?な感想をひとり勝手に抱きながらうっとり見てました。
曲はもう、大好きな曲ですから、テンションもだだ上がりです。

【In The Corner】 -あなたがあまりに 綺麗すぎるから-
この曲がきたのは正直びっくりしたんですけど、
今年のプレミアムカウントダウンライブで披露された曲ですよね?
そういえばカウントダウンとその年のツアーは関連があるんだよね?
それでこの選曲と言われたら納得です。
この曲はこの曲だけの衣装でしたね。
椅子を使ったダンスと合ってるクールな衣装で
帽子もまた素敵でした。
見ていたら、あゆって小柄なのにどうしてこんなに迫力があるんだろうとか
そんなことを考えてしまいました。
舞台で見ると、改めてあゆって小さいんだなあ・・・って思ったんですけど
その放つ光とか存在感が尋常じゃなく大きいんですよね。
あれ、曲の話じゃなくなってんじゃん。

【HOPE or PAIN】 -ねえ 忘れてしまえばいい 少し夢見ていただけだって-
衣装を変えて、今度は真っ白なドレスでの登場です。
切ない歌い上げ系で、しっとりと歌うその姿は
何かもういっそ神々しくさえあったと思うんですよ。
あゆの歌の中では珍しい、ストレートに恋愛の歌だと解釈できる曲で
私もこの切なく痛々しい曲調と歌詞がすごく好きなんですが
生で聴くとまた印象が変わるというか、
悲しい中でも、本当は知ってる、わかっている
諦めている強さもあるんじゃないかなあと感じました。
悲しい苦しいばかりの失恋のうたじゃなかったのかも?って。

【GREEN】 -見つめるその先には 愛しきあの人の姿-
花道の真ん中で、前の曲から引き続いて始まったこの曲、
あのドレスと曲調のイメージが何となく一致しなかったんですが
実際に聴いてみるとしっくりいくんですよねー不思議ですねー。
前奏とかアレンジがCDと違って、これはこれですごくいいなーと思いました。
GREENは歌詞ももちろんですが何と言っても曲調がとにかく好みで
湯汲さんという方の作曲なんですが
この人の曲がとにかく好きな曲が多くて、
だから今回のアルバムで残念だったことがあるとすれば
湯汲さんの曲がGREEN以外なかったことなんですけども。
しかもシングルになってるのにDaysの方がメインっぽい扱いになってるし・・・
まぁそれはどうでもいいんですが
その大好きな曲が聴けてすごいうれしかったってことです。
バラードのテンションなのに、本当に力強くて、穏やかな優しい表情との対比が
綺麗だなーと思いました。

【Days】 -君を好きなままで いていいですか?-
花道の先端サブステージまでGREENを歌いながら移動、
ステージ上で曲が終わり暗転、
数秒の後、白のドレスをおそらく脱いだ?あゆが登場
ピンクのタイトなドレスでイメージも一変してまして
そしてその瞬間の笑顔!これがもう絶品!!!!!!!!
この曲のための、笑顔なのかーという、もう完全にぴったりな笑顔!
またしても周囲から「かわいいぃぃぃ・・・」というため息が聞こえてきました。
ため息もんだってことですよ。
そしてまたSHUYAさん登場、あゆの相手役なわけですが
いつからSHUYAさんがこういう役やるようになったんでしょうか・・・
私はマニアではないのでわかりませんが
でもまぁ、似合ってるよなあ。
この名曲についてはもはや何を語っても、薄っぺらくなってしまいそうなんですが
2番の歌いだしの部分、
「大切な人がいることは もうずっと前から知っているよ だって笑顔が語ってる」
のところの、あゆがSHUYAさんを見つめる笑顔!
その表情が本当にすごくすごく素敵で、涙が出そうでした。
歌詞の内容を体現する、つまりお芝居なわけですが、
それがこっちの胸を締め付けるような、悲しい、でも優しい笑顔で
この表現のちから!半端じゃないと思いました。

【evolution】 -こんな時代に生まれついたよ だけど君に出会えたよ-
ライブの定番曲とはいえ、自分が行くライブで聴けるとは
思っていなかっただけに感激もひとしおだった曲その3です。
音楽のライブに行くこと自体がもうほぼなかったので、
私は自分がライブに「参加する」という感覚が乏しかったんですが
(ライブは「観る」もんだと思ってるとこがある)
自分も声出して歌っちゃっていいんだー、
だってあゆがマイク客席に向けてるしー、
って、音楽ライブではおそらく当たり前のことに変に感動していました。
そして、お客さんと一緒に歌ってるときのあゆ、
めっちゃ楽しそうでめっちゃ可愛い!!
あ、そういえばここでもまた衣装変わってます。
どんなだったっけ・・・きらきらしてたことだけは覚えてるんだけど・・・

【SIGNAL】 -立ち止まってる暇なんてない 私には時間がない-
ファーストアルバムに収録されてるこの曲が
まさか今回ライブで聴けるなんて。
本当に夢みたいでした。
だって大好きなんだよ!1番か2番くらいに好きなんだよ!
プレミアムカウントダウンライブで歌ったって聞いたときには心底悔やんだ
(何で行かなかったんだ!って)んですが
ここで聴けるなんて嬉しすぎでした。
しかも、カウントダウンではフルコーラスじゃなかったのに
今回はフルコーラスでしたからね!夢のようとはまさにこのことですよ本当。
しつこいくらい言うけど、ほんっとうに嬉しかったんです!
サビのところの、歌詞に合わせた照明の演出が印象的で
この歌の強さがよく、あらわれていたような、感じでした。
この曲ますます好きになりました。

【Rollin'】 -元いた場所にはもう二度と戻れない-
また衣装を変えまして、
この時は・・・紫だったっけ?
とにかく髪型が可愛かったです。
ぱっつんで肩ちょいしたくらいのストレート(もちろん金髪)だったんですが
ロボット的な曲調やダンスと合っていて
お人形かロボットみたいであゆに似合っていたと思います。
曲のイメージにぴったりな、
機械化されたような動きのダンスもとっても可愛くて
まんまるな眼をさらにまんまるに開いてきょとんとした顔を貫くあゆも
まるで機械みたいでドキドキしました。
この曲のダンスを、何列か前にいた男性4人組が
完璧に一緒に踊っていたのをみて、
正直ちょっとだけ引いたのは秘密です。ごめんなさい。
あまりにもヲタヲタしてたから・・・
アルバムで聴いた時はそんなでもなかったんですが、
好きになりました、この曲。

【Sparkle】 -いつまでそこでそうやって 指をくわえてるつもり?-
CDで聴いた時にはまさか自分が
「NO NO NO-♪」って
叫ぶことになるとは思ってもいませんでしたが
ここであゆが「もっと!もっとー!」って叫んでくれた時には
おおいに煽られてしまって、
ひとりで来てるしなんだか恥ずかしい・・・と思ってた私でさえ
おもいっきり叫んでましたから。
それにしてもこの曲の時のあゆはほんっとうに色っぽくて
本当ドキドキしましたよ。

【NEXT LEVEL】 -過去に残した傷跡さえ今は愛しい-
いよいよ、最後の曲です。
この曲の前のVTRで、
あゆの昔の写真が何枚も、どんどん遡りながら出てきたんですが、
1、2年前の写真からどんどん昔に行って、
デビュー前の写真もどんどん出てきて、
さらには赤ちゃんの頃の写真まで!!!!!!!!!!!!!
なにこれどんなサービス!!!!
どんな赤ちゃんモデルさんより可愛かったですからね。まじで。
歌詞にある通り、過去に残してきたものも、
いま、肯定できているんだなって、感じました。
ドラマに出てた頃とか、正直知らないんですけど、
歌手になる前も芸能活動してたんですよね?
その頃の写真もいっぱい出てきて、
あゆにとってこれは、別に黒歴史とかじゃないんだなーって。
当たり前のことだけど、
今の地位っていうか、立場からしたら隠したくなるような部分も
あるんじゃないかなって思ってて・・・
でもあゆにとってはそうじゃないんだなと思いました。
ますます、あゆのことが好きになった瞬間でした。
そうだ、どんなときもこうやって、自分にも他人にも誠実に生きてきた人だったって
また改めて感じることができて、幸せなきもちになりました。
そしてその映像が終わって、メインステージ中央に現れたあゆは
真っ白な衣装を着ていました、ドレスじゃなくて、パンツで、
長めの上着を羽織っていたんですけど、
私にはその衣装が、旅立ちの、衣装に見えました。
旅行に出かけるような、そんな印象でした。
歌いながら、椅子にかけたまま宙にのぼっていくあゆ。
背景はどこまでも広がる、吸い込まれそうな青空。
ああ、これがあゆがみせてくれたNEXT LEVELなんだなって思いました。



〔アンコール〕

【Curtain Call】 -今でも一番に言いたい言葉だけが上手に言えないこんな私だけど-
踊るAマークが可愛く動きまくった後、しっとりと始まったこの曲で
アンコールが幕を開けました。
やっぱりアンコールで歌うよね、これはね・・・。
と思いながら、涙が流れていくのをどうしようもできなくて
ただただあゆの歌声に耳を、全神経を集中させていました。
聴いていて、気づいたというか、思ったのですが、
この曲は、あゆから私達へのラブソングであるのと同時に、
私達からあゆへのラブソングとしてもとらえることができるんです。
この単純な言葉だからこそ、そういう解釈をしても、
いいんじゃないかなあって思いました。

【For My Dear...】 -一番に言いたい言葉だけ言えなくて-
Curtain Callの後にこの曲をもってくるなんて、にくいねえ・・・。
優しく、穏やかに歌い上げた前の曲とは、歌い方が全然違って
こっちは激しく、強く、せっぱつまったような感じで、
なにかを爆発させているような、印象でした。
前の曲との、歌詞の関連については言うまでもないですが
こちらの方が後に歌われたことで、
あゆはこれからもずっとずっと、私達に歌い続けてくれるんだって感じました。
これは、あゆの強い決意なのかな・・・。

ここで、MC。
あゆの方言(博多弁)が聞けるのは
日本中でこの福岡公演だけだと思いますよ!!
レアですよ!!!
あゆの博多弁めっちゃ可愛いからね!もうめろめろだよ!!!
なんつっても地元ですからね・・・。
つうか福岡にあゆが住んでたって、すっげえなあ。

【everywhere nowhere】 -空は少し遠いけど 虹の終わり探しに行こう-
MCも終わり、ここからは一気に終わりに向ってすべりおりていく感じでした。
でもむしろ勢いは増していて、
終わるのが怖いような、そんな気がしたんです。
この曲は正直あんまり聴いたことがなくて、
RAINBOWは全体的にあんまり聴いてないんで、
あ、わかんない・・・って思ったんですが
聴いてたら、なんだよめっちゃいい曲じゃーん!って思って
帰ってからRAINBOWめっちゃ聴いてます。
「空は少し遠いけど」のところで画面中にうつる青空を指差す演出が
すごく好きでした。

【Humming7/4】 -泣いても笑っても同じなら笑っとこう-
これは福岡公演の2日目で追加されていました。
これからもこの曲追加したままなのかな?
前日と違うから、前奏が入った時はびっくりしましたけど、
もちろん嬉しかったですよー。これも大好きですもん。
あゆと一緒に盛り上がれる格好いい曲だし、
飛び跳ねちゃったよ!一緒に!
これもライブ定番・・・なのかな?
突然追加した?とは思えない仕上がりでした。
アンコールの曲が増えたのは本当嬉しいですよね。
アンコールの時のあゆ、好きなんですよね・・・
もう演出とかお芝居とかじゃなくて、
素のあゆに近いような気がして・・・衣装もTシャツにジーンズとかだし。
なんつっても二つ結び!30歳だよこの人!

【Boys&Girls】 -輝きだした私達なら いつか明日を掴むだろう-
ライブの定番曲とはいえ、自分が行くライブで聴けるとは
思っていなかっただけに感激もひとしおだった曲その4です。
evolutionの時に、
「これでBoys&Girlsも聴けたら言うことないなー、最高だなー」って思ってたら
ここでキタからまじでまじでテンション上がりました!
歌ったよー、一緒に・・・
「お前ら、サイコー!」聞けたよ!!!
夢だったんだー、会場でこれ歌うの・・・。
ライブ終わっちゃうんだなあっていう寂しさと、
だからこそいま全力で「参加」したい!っていう気持ちが綯い交ぜになって
もう自分ではよくわからない感じの気分になってしまいました。

【MY ALL】 -いつでもひとりじゃなかったから-
前奏が流れた時に、いよいよ終わりだなって思いました。
これが最後の曲だって、あゆが言わなくてもわかる。
ひとことひとことを、かみしめるように歌うあゆを見ながら、
私はこれからどんなことがあってもあゆを応援していきたいなと感じていました。
自惚れだって思われてもいいけど、
あゆは、ファンのこと本当に大事に思ってくれている、
愛してくれているんだってことがすごく伝わるライブだったから。
それはどんなアーティストだってファンを愛してるんだろうけど、
でも、こんな風に実感させてくれるのが、私にとってはあゆだから、
私は絶対にずっとあゆのことが好き。
信じていられる。
そう思いながら、最後の最後まで、言葉をかみしめて聴いていました。

メンバー紹介をして、曲が終わって、舞台に最後ひとり残って、
マイクを置いて、肉声で、会場中に響くように全力で
「ありがとうございましたー!」って叫ぶあゆを、最後まで、最後まで見つめていました。
長々書きましたけど、
結論、私はあゆのことが大好きです!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。