page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
愛すべきあなたへ贈る 心からの愛の歌
リリースからだいぶ時間は経ってしまいましたが、
「NEXT LEVEL」の感想でも・・・






今回は、簡単に。

全体的に、まさにタイトルどおりというか、
10周年を締めくくって、また新たな出発をしたあゆの
その突っ走り具合が、綺麗で、格好良くて、本当にいいなあと思いました。

このアルバムのインタビューであゆは各所で
「一度原点に戻るか、これまで通り突き進むのか考えたけど、
すぐ答えが出て、走り続けなきゃ私じゃない、だから突っ走ることにした」
みたいな、ことを話していましたが
そう考えたんだ、というか、その考えた過程がそのまま、
アルバムに刻まれたのかなあと思いました。
聴けば聴くほど、そう感じました。

確かに、いままであゆが歌ってこなかったような曲が結構ある気がして
それはまさにNEXT LEVELなんだけど、
何度も聴けば、ああ、やっぱりあゆだ、って感じるような。
正直なことを言うと、不安だったんです。
タイトルとか、曲目とか見てて、聴く前、なんていうか
激しそうだなあと思う曲ばっかりで、
好きになれるだろうか・・・みたいなことがね、ちょっと不安でした。
でもそんなこと思うくらい私はあゆのこと信じられなかったのかなって
聴いた後では反省しきりです。
思っていたよりすんなり入ってきて、どの曲も、
あゆらしくて素敵で、大好きです。

あゆのアルバムって、全体的に「陰」の空気を持つものが多い
と思っているんですが、
この「NEXT LEVEL」は、全体的に「陽」ですね。
そこがまず珍しいなと思います。
第一、表題曲が、明るくて穏やか。
「NEXT LEVEL」というタイトルから、
最初は「talkin' 2 myself」とか「Mirrorcle world」みたいな感じのを
想像していたんですけど、全然違って、
すごく穏やかで優しくて、でもしっかり芯が通っている、
それはあゆが最近のインタビューで話していたような、
安心感がある。
優しいひとが、一番強いんだ、ってことを
感じました。

他の曲も、明るくて突き抜けてる印象のものが多くて、
本当に10年やってきた証が、これなんだって、思いました。
でも特に言うとしたら、やっぱり「Curtain call」は、涙なしでは聴けません。
タイトルから、これは泣けるんだろうと思ってましたけど
私が構えていたそれ以上に涙を誘うというか、
期待を大きく超えたところにあったんです。
突き抜けてる曲が多い中で、これはしっとりとしたバラード、
バラードだというのは、想像していました。
でも、思ったより短い曲で、びっくりするくらい、シンプルな言葉しか
使われてないんです。
単純な、言葉で、でもそれが、一番響くというか・・・
これはPVも素晴らしかったですね
シンプルでものすごくこの曲にぴったり。
無駄な装飾が一切なくて、あゆの美しさをひたすら際立たせる
それがあのセットと衣装、背景だったなあって思います。
愛の歌・・・ですよね、これはね。
あゆは今までも、ファンへの愛をいろんな歌でうたってきましたが
これは、そのどれをも超える、ものすごいラブソング。
「AUDIENCE」も、すごいけど、これはそれすらも超えてる気がする。
あゆには、見えている、あゆには、聞こえている、
そしてあゆは、何よりも私達を大切に思ってくれている、
そう感じることが出来る、そんな曲でした。
恥ずかしくなるくらい、ストレートに、言葉にされて
そうか、だから私はこの人が好きなんだなあとじんわり感じました。

一曲一曲については、追々ということで。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。