page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
"good Hi"
バナナマンの破壊力は、ほんっとに、ものすごい。
ミクシに書いたんだけどどうしてもテンションが下がらなくて
ふわふわふわふわしてるから、
ここに長々と書けば気も済むかと思ったんですよ。

設楽さんって恐ろしい。
日村さんは愛くるしい。

何度でも何度でも言いますけど、
バナナマンの破壊力は半端じゃないです。

どうしても我慢できなくて買ったんですが、(中古で安かったから)
本当に買ってよかった。
2500円でこんな幸せが手に入るなら、安いもんです。
今日はこのDVDを買って、
さらにお笑いを6本程レンタルもしたんですが
最初にこれを見てしまったがために、
この後どれを見ても物足りなく感じるに違いないと思って
他のやつは明日以降見ることにしました。
それくらい、バナナマンの破壊力は(以下略

以下はだらだらとネタバレながらの感想。
まぁ2005年のライブなんでネタバレ云々も関係ないかもだけど
一応畳みます。




パッケージの裏に、つらつらコメントが書いてありまして
それがもう、このDVDの内容をずばりあらわしているので
とりあえずそれをここに書きます。
「コント界の実力No.1コンビ、バナナマン。
引き込まれる世界観とテンポ感。
お笑いの枠を越えた高級エンターテイメントライブ!
バナナワールドが笑いと幸福感を届けます。」
まさにこんな感じです。
何をもってお笑いの実力と呼ぶのか、よくわかりませんが
でもこの破壊力は、
ちょっと他の芸人さんのライブDVDでは味わえないと思います。
半端じゃないんだもの。だって。
すうっと引き込まれて、集中して見てて、
気がついたら口は笑いの形に固定されてて、
息が苦しくなってくる。
ものすごい声に出してげらげら笑ってるのに、
気が散ることなくちゃんと中身に集中してるんですよ。

正直、面白すぎて、気がふれるかと思うくらい。
これ、大げさじゃないんですよ。
本気ですよ。本気でどうかなるかと思うレベルで笑ってます。
多分他の人がバナナマンDVDを見てる私を見たら
「やばいこのひと」って思うと思います。












「二重思考人間」
最初っから飛ばしてるなあー。と思います。
切なくて愛らしくてなおかつ爆発的に笑ってしまう。
これがバナナマンくおりてぃ。すごすぎる。
そして日村さん、アコーディオン似合う。似合いすぎる。
かわいいよかわいいよ、日村さん可愛いよ!!!

「punks」
これが多分、一番好きかもしれない。
優しくておかしいのに、何か怖い。
ぞくぞくするような感じがたまらないです、大好きです。
おかしいのに・・・不気味。
多分、「俺が死んだら・・・」っていう台詞のせいですね。
なんか普通に会話が進むから一瞬流しそうになるけど、
結構すごいこと言ってますよねえ。

「先輩とオマエ」
かわいい!かわいい!かわいい!
ふたりとも可愛すぎる・・・。
そして設楽さんがあんなに可愛くないのに(なんか見た目が)
あんなに可愛らしく見えてしまう魔法。
もうあれは魔法としか言いようがないよ!
あの、芝居がすごいですよね。
あれによってあのコントの雰囲気がよりしっくり馴染むというか
あれが、あのシナリオにはぴったりのやり方なんだなって思いました。
切ないよ・・・。

「犬飼孝俊」
日村さんの演技力に、ただただ感動するしかない、そんなコントです。
それにしても設楽さん楽だなあ。
日村さんがだらだら汗しながら喋り続けているというのに。
あの絵が最終的に何かになるのかとかはちょっと思ってたけど
それを綺麗にすかされて、気持ちよかったです。
それにしても日村さんって眼鏡似合いますね、すごく素敵。

「a little weird」
またしても日村さんが眼鏡!萌え!キタコレ!萌え!
通常言葉にして表現できないような塊を、
バナナマンのコントは言葉にしてしまっているように常々思ってましたが
それがこのコントでは顕著に、あらわれていたんじゃないかと、
思います。
空気感のようなものを、作り出して、
観客を共犯者にしてしまうという、この技術は
どうやったら身につくのか。それとも天性の才能なんですか。

「赤えんぴつ」
もはやこれは説明不要でしょうか。
ひーとん、おーちゃん、可愛すぎる!!!!!!!
特におーちゃんが歌えなかったのは、あれは何なの?
あれは・・・台本どおりなんですか、
それともあの時たまたまそうなったんですか!?
それが気になって気になって眠れる気がしない!
おーちゃんが設楽さんになったように見えたんだけど、
どうなんでしょう。それも含めて、であるという可能性も
否定できないですよね。
だってライブ見てないもん。わかんねえよ。
あの曲は切なくて悲しくて泣いてしまいました。
あれはまじ名曲。
感情を両極にゆさぶられるんだよバナナマンのライブには!

「for people」
衣装がいいですね。
いかにも小学校の先生、いかにも特に職がないプー。
顔が全然似てないのに兄弟に見えてくるから本当不思議です。
小道具も素晴らしいと思いました。
プールサイドの椅子、卓球の球、セカンドバッグ、
コントの内容をものすごく引き立てていて、
じわじわ心臓に染みてきますね。







特典映像もかなりおいしい。

皆買ってみたほうがいい。いやこれまじで。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。