FC2ブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
空はこんなに青いのに 風はこんなに暖かいのに
太陽はとっても明るいのにどうしてこんなに眠いの?





さて・・・えーと・・・現実っていうのは
なかなか残酷なものですよね。
永遠に見られないわけじゃないのに、ということはわかっているのに、
こんなに寂しくて悲しくて辛いなんて・・・



以下テキストネタバレ注意。









始まりがあれば終りがある。
そんなこたぁわかってます。
それに、本当の意味での「終わり」じゃない。
それもわかってます。
でも、テキストを生で見ることはもう永遠に無い。
舞台は生物だから、瞬間瞬間に生まれては消えていくものだけど
だから面白いのだということもわかるけど、
じゃぁ何でこんなに切ないか?

いろんなことを、思い出していました。
公演決定を知った時の、手が、声が、身体が震えた喜びや
チケット取りで苦戦を強いられて胃が痛くなったこと、
シュウカツですごく辛いのも「TEXT」のことを考えるだけで
頑張れると思ったこと、
皆がシュウカツをしている最中「TEXT」のためだけに東京に行ったこと、
小川菜摘さんからの花を見てびっくりしたこと、
3階席の後ろの席で、初見だったこと、
理由がわからない涙に困惑したこと、
それから・・・二人で舞台に立つ姿。
幸せだなあと思ったこと、
好きなんだなあと実感したこと、
東京の楽日に当日券に並ぼうとしたけど無理だったこと、
帰りたくないなぁと思いながら熊本に戻ってきたこと、
でも3週間後に福岡だと思って自分を慰めたこと、
3週間、シュウカツとレポートに追われながら
それでも「TEXT」だけを支えに頑張ったこと、
福岡初日にやっぱり泣きそうになったこと、
だんだん暴走した馬のこと、
幕間に飛び跳ねる小林さん、
「ということなんですよ!」で最前のお客さんに同意を求める小林さん、
ハイタッチ、
近くで見たらふたりともすごくカッコよかったこと、
ツアー中一番小さいホールだったこと、
座布団席や立ち見のお客さんもいっぱいいたこと、
そんなお客さんにお礼とお詫びを言う小林さん、
「コントを食べて生きています」という小林さん、
「ラーメンズ好き?」と聞いてしまう小林さん、
「博多元気!」と毎回のように仰っていた小林さん、
タ行とマ行は絶対だめなこと、
小林さんの滑らかな博多弁、
片桐さんの無理やりな博多弁「よかろうもん!」が可愛かったこと、
馬坂仁さんの天使っぷり、
マドンナよりもセクシーな片桐さん、
「千秋楽嫌いなんだよね、帰りたくなくなるから」という、
嬉しすぎる言葉、
それからもっともっといろんなこと、思い出していました。
こういうことを全部、幸せというんだろうなと思っています。

幸せ、なんですよ。
私は幸せものだ。
だから、落ち込むのはやっぱり変です。
でも、じゃぁ私はこれから何を支えに生きていくの?
・・・甘えているなぁ。
私がこれから支えにするべきなのは
本当はラーメンズじゃない何かなんだろうと思う。
いつまでもこうやって、いるわけにはいかないんだろうなぁ。
なにより社会人になったら、
いくつも公演に行けなくはなると思うし。
じゃぁいっそトゥインクルに入社できたらいいんだろうけど
それはそれでなぁ・・・無理だし。
そういうことを考えていると、すごく憂鬱になる。
ラーメンズじゃない何かが、私の生きがいになる日が、
来ると今は思えないけど、
でもそういう時も来るのかもしれない。
そうしたら、きっと、こんな憂鬱を感じなくもなるんだろう。
うーん・・・ようわからんね。

大好きな気持ちを無理に変えるつもりはないけど、
もっと前向きに生きていきたい。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。