FC2ブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
過去はきっと現在とは比べものにならない
今日は、ちょっと、想いを吐き出す。
ためとこうかと思ったけど、何か無理っぽい。
書かないと、どうにかなっちゃう。


てなわけで、私の東京小旅行記。







目的はもちろん「TEXT」です。
あのね、うん・・・わかってるよ。
説明会とかエントリシートとか、わかってるよ。
でもさぁ、私にとって何が大切かっていう価値は
大事にしたかった。
ええ、TAKE OFFの挨拶文からですよええ。
私自身の価値を大切にする。
そう思ったら、行かなくちゃって気になってた。
そのためにお金ためて、頑張ったんだから
「大人だから今日はもう歌うくらい笑うくらい赦してね」
ってことで。

結論。
行ってよかったですよ。
身体が震えて、息が止まって、
多分時間も、止まった。
あの劇場だけが、世界から切り離されていたと思います。

「今回は賢太郎が頑張ったから」とおっしゃっていた片桐さんの言葉の意味が
すごくわかりました。
そんなかんじでした。

いや、ネタの話もしたいんだけど、
その前にさ、
あの・・・これ2年ぶりの本公演ですよね?あれ?うん?
これ確認しないとわかんなくなります、ついつい。
なんかねぇ・・・ほんの数ヶ月しかあいてないような気がしました。
それくらい、舞台に立つふたりは当たり前になじんでいました。
あ、これだ・・・って、すぐに感覚が戻って、
私の中にあった2年間の寂しさや切なさは
なかったものにさえなりそうだった。
自然すぎてこわいくらいだった。
だけどそれは成長(という言葉は間違ってると思うけど
他にいい表現が見つからないんだよ・・・
おこがましいけどこの言葉で)していないとかいうことじゃなくて、
やっぱり、熟したんだ、とは思いました。
じんわりと胸の奥に広がる熱いものに、私自身が戸惑いました。
だからそれが涙の正体なのかなとは思ったけれど、
でも本当にそれが理由かはわかりません。
あー良かったなぁって、それだけじわーっと感じて、
すごく、幸せだと思いました。
こういう風に、幸せだと感じたのは久しぶりでした。
ずっと忘れていたあたたかい感情でした。
何もかも捨てて投げ出して消えてしまいたくなった夜が
幾度となくあったけれど、
実行しなくて良かったと心から思いました。
私は、生きているんだと、それが嬉しかったのは久しぶりでした。
生きていて良かった、諦めないでよかった、
私はまだ生きてて・・・いいですか。
こばやしさんが作るものがある限りにおいて、
わたしはまだ、この世を捨てたくないとおもいました。
公演が始まる前、
そういう風に思えるかどうか不安だっていうようなことを
ここに書いたと思うんだけど、
ラーメンズが救ってくれて、良かった。
変わらなかった。
こばやしさんの作るものに支えられて生きる、
それが変わらなくて良かった。


それじゃネタの話でも。
以下はネタバレしますので、誰も見る必要はないと思われます。


















あのね、す ご い !
これを作ったのが私じゃないのが悔しい。
こばやしさんの作品を見てこんな風に思ったのは初めてでした。
これを作ったのが私だったら良かったのにって。
これを思いついたのが私だったら良かったのにって。

私はニチブンに居ながら、
日本語について何にも知らなかったんだなぁ。
本気で恥ずかしいよ。
小林さんは美大出のコント屋さんなのに
こんなにも日本語で遊んでいる。
日本語の面白さをしっている。
言葉の力を信じています・・・ってのは朝日だったっけ?
まさにそんな感じ。
ここまでおもちゃにされたらさぞかし日本語も嬉しかろうね。

挨拶文がなくて、エンドトークもなくて、
公演だけが本当に本当のテキストなんだなぁって思いました。



①五十音図
綺麗でした。きれいにまとまってました。
ああそうよねぇそうなるわよねぇって感じ。オチがね、うん。
でもね・・・あの構図は好きですよ。
バイト・正社員・部長・社長っていうの。
まぁ、シャキはシャキですけども。
「末端を軽んずる企業に繁栄はない」だったっけ?
あーシャキさんいいこと言うわーそうだよねぇそうだよねぇ。
なによりもときめいたのは転校生の件だなんて言えないよ・・・。
可愛いなぁ芽生えちゃうよなぁそれはもう激しく芽生えるよ!
結局シャキはいるんですかね?
シャキがバイトなのかバイトがシャキをやってんのか、
どっちかっていうと私はバイトがシャキをやってみたんだと思うけど
その辺はどっちでもいいんでしょうか?

②同音
こ れ は す ご い ・ ・ ・
圧倒されました。寒気が走りました。
背筋が凍りました。完璧だったと思います。
ふたりが完璧じゃないと成立しないコントだと思います。
遊びの部分が少ない・・・ていうかない?
完全に台本が全てですよね。
どんだけ練習したんだろうと思います。
8日に、ひとつめのが終わって「おぉ・・・」ってなって
小林さんも自分で「おぉ・・・」てゆって、
ゆって照れる、みたいなのがあって、
それすごい可愛かったですよ。
Potsunenの時とかもあったけどさ、こういうの、
でも今回はより可愛かったと思いましたよ。
これは脳みそをすごく使います。
まず、二つの情景を同時に思い描くことがあんまりないし、
その中でリンクというか、重なりが起こるところに気をとられると
かたっぽの状況がわからなくなったり、
そういう風に軽く困惑しながら、でも必死についてこうとして、
最終的に戦慄が走る。
これがあるからやっぱりやめられないと思うよ。

③論破
このコントすーごい好きです。
あのコントといっていいのかもよくわかんないような
一個前から考えるとゆるーい感じの、
ていうか雑談?みたいな。
どうしてもそういうことになっちゃうかなーってのは
私の中で流行りそうです。
何でもこじつけられるってことですよねぇ。
言葉って面白いねぇ、遊び甲斐があるよねぇ。
「みんなの心の中にいる」って好きね。
そうだよね、みんなの心の中に・・・ってならないもんね。
あ、何か笑っちゃう空気になったけど、
ていうかそうしてるんだけど、
ルール云々の話は、私すごく好きだなぁと思う。
倫理観の問題というか、ね。
何でああいうことを臆面もなく熱く語ると
笑いを誘うんだろう。
笑いながらちょっと不思議だなと思った。

④条例
ハリウッド条例出れば良いじゃない!!!!!!!!!!
あのね、あのね、あのねぇ・・・
あのハリウッドのウィットに富んじゃった小林さん
完璧だったと思うよ。
友近の彼氏より良かったと思うよ。
友近と張るくらい完璧だったと思うよ。
あ、もちろん片桐さんも愛くるしくってオーバーで素敵でしたよ。
何でたぬきとキリンなのかと思っていたら、
言葉禁止条例の、あのアクションのためだったんですね。
たぬきとキリンは面白いけど、
その組み合わせにする必然性すらあったなんて。
でもそっちから考えて動物を設定したと思うと
見てる側としては驚くけど
作る側は自然だったのかもしれない。
いろんなところに仕掛けがちりばめられてるなぁ。
最後のオチの意味がちょっとわからなかったんだけど
言葉はつかってないのに、なんでつかまったの?
強盗計画のせい???????

⑤ジョッキー馬坂仁
あの形式だってことに気づくまで、1分くらいかかりました。
もうー可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛いよ片桐さん!!!
天使だなーかわいいなーもう世界は彼のためにあるんだ。
あのねぇ、もうねぇ・・・いうことはないですね。
ただただ楽しそうでした(こばやしさんが)

⑥TEXT
初めにしりとりを持ってきてるのがいいなぁと思いました。
だから一回見ただけじゃよくわからないんですよ構造が。
でもなんか初見泣きそうになったんで。
あのーあれはつまりいろんな映画とか小説とかでおなじみの
あの手法なんですよね?
あとから気づけば使い古された手法かもしれないけれど、
それにどれだけの人が最初から気づいていたかというのの方が大事で
あのしりとりは共通項で返しているなと感じていたけど、
ひとりしりとりになっていたなんて気付かなかった。
発掘云々の件で、トキワさんの首動いてるんですよね・・・
最初の方でも、動いてるんですよ。
あーもう細かい細かい細かいよ!
牛乳屋ってのは、ミルキーウェイと関係ありますか?
届かなかった牛乳は天の川を流れて、
それを見て、未確認飛行物体だと思った・・・てのはどう?
うまくいえないけどさ。
とにかく、すごいなぁって思いました。
あの終わりはねぇ・・・映画かよと思いました。
胸がつまって、うまく頭が働かなくて、なんか困った。
好き。




さて、ここまで語ったところで時間が遅くなりましたので
寝ます。
明日説明会で福岡行かないといけないので。
明日もあさってもしあさっても。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。