FC2ブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
自分の世界を飛び出す勇気を持てた暁に
誰かカラオケ行きません?

今日も暗いよ。







もう面倒だから白文字にはしない。


2限の授業に行かなかったのは、
今日が17日だったからでも、
眼が腫れたのを見せたくないからでもないです。
昨日眠れなくて、今日起きれなかったから。
それだけ。
まぁ、ちょっとだけ、喪に服したい気持はあったけど。





通夜に、高校時代の顧問の先生が来たんです。
その日私はぼろぼろで、本当にどうしようもなくぼろぼろで、
今と同じくらいかそれ以上にぼろぼろで、
泣いてない時間の方が少なかった。
だからもちろん、来てくださったその先生にも
まともに挨拶が出来なかった。
おうおうゆってた。
だけど正直私は、その先生が来てくださったことで
どんなに救われたかわからない。
その先生のことを死ぬほど嫌っていた妹でさえ
「ちょっといいやつじゃん」と思ったらしいから、相当だ。
後で学校に挨拶に行ったときに先生は
「行かないわけにいかないだろう」と言ってらした。
「あの時は二人とも見ていられなかった」とも。
その言葉でまた、救われた。
私は、その先生のこと好きでも嫌いでもなかったけれど
「行かないわけにいかない」とか「見ていられない」とか
そういう風に思ってくれる人がいたんだと思うと
それがまた泣けてきた。
葬儀にはまた別の顧問の先生が来てくださった。
その先生には結局挨拶をすることができなくて手紙を送った。
そしたら電話を下さった。
自分も若い頃に父を亡くしたから、気持ちがわかるとおっしゃっていた。
すごく救われる思いがした。
来てくれただけで、それだけで、こんなにも救われるほど
私たちの心は弱っていたんだなと感じた。
それまでの我慢が、崩れたんだと思った。
友人が来てくれた母も、
福岡からわざわざ駆けつけてくれた友人に会った妹も、
緊張の糸が切れたように泣いていた。
何時間も話し込んでいた。
それを見て、つまりそういうことなんだなと思った。
気を張って、どうにかもちこたえようとしていたけれど、
そんなのは簡単に崩れてしまう。
崩してくれる人がそこにいれば、崩れてしまうものだ。

・・・ドラマや漫画の中には、びっくりするほど都合よく
笑顔の向こうにある本当の気持に気づいてくれる人物が現われる。
そして本当は苦悩している人を救おうとする。
どんなに頑張って笑ってる人でも、
そういう人に出会うことで本当の感情をさらけ出している。
本当にこんなのあるわけないと思ってますよ。
そんな人がいるなら苦労しませんし。
あ、要するに私の人徳がないって話ですね。まぁいいや。

私の感情は、あの日からずっと本当は不安定だった。
通夜で、何よりも深い孤独を感じた。
私と一緒に泣いていたはずの妹と母が、
友人に向かってより激しく泣いていたのを見て、
私はこれができないんだと思った。
私にはいない。
ひとりなんだと思った。
そして母や妹のように泣くことがないまま、
歪に笑いながら、初七日まで過ごして熊本に戻ってきた。
そして今も、自分では歪だと思いながら、醜いと思いながら笑ってる。
でもそんなに醜くもないんですかね、考えてみると。
私の心が醜くなって歪んでるだけで、
別にそれが顔にまで出てないのかな。もうどっちでもいいけど。
徳って、どうしたら身につくんですかね。
こんな私を本気で愛してくれる他人なんているのかな。
いないんだろうね。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。