page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
愛だとか夢だとかを口にすることはかっこ悪いことなんかじゃない
今日ひどく落ち込んだという話。
面白くもなんともない。
しかもミクシ日記に書いたものに少し加筆したものだから
そっちを読んだ人的には二度手間なんで。





なんていうか、孤独です。
こんな風にひとりを寂しく感じたのは久しぶりで
そんなこと、本当にほとんどなかったのに、
どうしようもない孤独感で、消えそうだった。

こういう悩みみたいな、考えは
贅沢なんだろうなと思います。
生きるか死ぬかの問題じゃ、少なくともないですから。
ひとりで寂しいとか、だから何だって話ですから。
でも、どうしても、寂しかった。
今日はプラス思考になれなかった。
いい方向に向かう考えはひとつも出てこなくて
何で私はここにいるんだろうとか、
何で生きてるんだろうとか、
ひとりなのに、ここにいる意味なんかないよなとか、
私がここにいなくても世の中まわるよねとか、
そんなことばっかり考えた。

大学に入ってからのことなんですけどね・・・
年に2回か3回くらい、ひどく落ち込むことがあります。
手がつけられないくらいひどく。
そういう時、私はほっとかれることが多いです。言い方悪いけど。
それは、
私なんか落ちててもかまう必要がないと思われてるからなのか
気を使って一人にしてそっとしててくれてるからなのか
或いは私がそこまで落ちてると思っていないのか
わかりませんけど、
(多分気を使ってもらってる・・・と思いたい)
とにかく、そういう落ちてるときに
誰かと一緒にいた記憶がほとんどありません。
前後に慰めてもらったこととかは、それなりにあるけど
ピークの時に、誰かと一緒にいたことがないです。
それは別に、人の愛情を感じたことがないとか
そういう意味ではないです。
第一そんなに落ち込むようなことは
高校卒業まであんまりなかったんで、
それはとても幸せなことだったと思いますね。
単純に、言葉にできないくらい落ち込んだ時に
すがって泣いてみたことがないだけです。
そういう相手がいなかった。
だけどそれでも、私ってそういう程度の人間なんだなと
思わずにはいられない。
一度、私のためだけに泣いてくれた保健の先生がいた。
まぁこれは小学生の頃の話で、
その時は、今ほど落ち込んでいたわけでもないし
親にも支えてもらってた。
その時たまたま学校にいて、保健室にいただけです。
どういう経緯で保健室に行ってその先生と話したのか
それも覚えてないくらい。
でもそのことは、ずっとずっと忘れられないです。
この人は私との対話が全部本気なんだと子供ながらに思って、
とても心が穏やかになったのをすごく覚えてるんです。
あ、話がずれた。ごめんなさい。
とにかく、まぁそういうわけで
今日もひとりで落ち込んでいました。

いっぱいいろいろ考えて、
ぐだぐだになって、
何も考えたくなくなった。
そしてひたすら食欲を満たした。
これといって原因がないから
誰の所為にもできないから
自分への罵倒が止まらなくなった。
ひとりが苦しいとか、怖いとか、
お前が勝手に悩んでるんじゃんみたいなな。
もっと辛い思いしてる人なんかいっぱいいるのに
何泣いてんだ、わけわかんね。もうどっか行けば。



父のこともたくさん考えました。
何でもないときは、何でもないように振舞えるのに
一度スイッチが入ると、
いろんな思い出が出てきて、どうしようもなくなる。
21年(記憶があるのは18年分くらいだけど)の思い出は
どうしたって、たかだか1ヶ月じゃ整理できないよ。
どうして逝っちゃったの。どうしていなくなっちゃったの。
いま会いたい。いま会いたい。いま会いたい。
何も整理できない。そんな日が来るとも思えない。
死ぬのが私だったら良かった。本当にそうなら良かった。
今でもそう思ってる。
誰にどんな諭され方したって変わらない。
代わりたかった。私が代わりたかった。
あんなに苦しんでたのに。
もっと話したいことも、もっと伝えたいことも、
もっと見せたいものも、もっと聞かせたい話も、
いっぱいいっぱいあったのに、
何もできなかった。何もしてあげられなかった。
私はたくさんたくさん愛してもらったのに。
私の就職先も、弟の高校受験も、妹の成人式も見届けずに
何で逝っちゃったの。
私はまだ大人じゃないよ。苦しいよ。
父さんが、いまいてくれたら、
こんな状態の私を助けてくれるのに。
ひとりだよ。わたしは、ひとりだよ。もうひとりぼっちだ。
誰もいないよ。父さんがいない。
消えたい。
だって私ここにいなくてもいいでしょう?
父さんのとこにつれていってほしい

明日で、父が死んで1ヶ月。
まだ、涙は尽きない。
もう全部出したかと思うくらい泣いたのに。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。