FC2ブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
広告批評
水野さんと小林さんの対談が読みたくて買ったんですが
中の特集のほうが結構面白いんですよね。

特集「LOVE&PEACE」ということで、
そのテーマでいろんな広告を集めてたり
このためにいろんな人が作ったりしたものが載ってたり、
何か刺激的な上に胸が痛くなるような感じでした。
(もうちょっと上手に表現したい・・・)
私が一番印象に残ったのはDV防止を訴えるアメリカの公共広告と
ワイマール反戦博物館のなかにある負傷兵士の写真でした。
「顔をそむけるより、顔を直視する勇気を」って、
確かにそうだなって思ったけど
これを直視するのはやっぱり苦しいことですよ。
単純にけっこうグロテスクだからね。
でも見なきゃいけないんだなぁと感じました。
これを見たら、どんな理屈も通らない、
どんな暴力も悪だって言い切れますから。
暴力からは何も生まれないんだなと・・・実感します。


あ、小林さんと水野さんの対談はそれなりに面白かったですよ。
どっちかっていうと水野さんの方が
カッコいいこと言ってるような気がしたけど。
作品であることと商品であることのバランスの話、
難しいけど納得できますよね。
作品だーアートなんだーって言うのは結構だけど
商品として成り立たないならそれは意味がない。
だけど商品に徹してしまうのは悲しいことですからね。
これは客としても同じようなことを考えますね。
お金を出してるから商品としてある意味「買ってる」けど、
そういう風には考えてないしね。
とにかくポスターカッコイイねってことですかな。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。