FC2ブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
14歳
就職活動が無事終了した私は
ここ2週間ほどお笑いDVD漬けです。
TSUTAYAに通いまくって、
本当に片っ端から借りては見ている状態です。
そんな中で千原兄弟さんのDVDを初めて見て、
すごい衝撃を受けました。
こんなすごいものを今まで知らなかった私は本気で
・・・どこまで阿呆かと、思うくらいの衝撃でした。
そして強く興味をひかれた私は
割と最近出たジュニアさんの「14歳」という本を読んでみたわけです。

これまたすごい。
言葉で表現できません、このすごさ。
ただ感動したとか、面白かったとか、
そういう言葉は相応しくないような気がするんです。
いや単純に面白かったでいいとは思うんですが・・・。
これを書くことが出来るジュニアさんはやっぱりすごいと思います。

一応自伝的な小説ということですかね。
だからジュニアさんの14歳の頃の話ということになるわけですが
小説だから全てが完全に事実とは言い切れないかもしれないけれど
限りなくそれに近いように思います。

文体が14歳なんですよ、それがまずちょっとした衝撃でした。
14歳の少年の言葉なんですよ。
文字の選び方まで14歳そのものなんです。
読む前まで私は、普通に振り返る形で書かれた小説だと思ってたから
あーこういう形で書くのか・・・・・・と思って
もちろんすんなり受け入れられるんだけど。

過剰な自意識に過剰になってる、そんな感じです。
14歳って、誰でも自意識過剰だと思うんだけど
自分が自意識過剰になっていることに過剰に対峙している
そんな感じがしました。
私もうまく表現できないんだけど・・・。


以下はネタバレ含む感想になりますので
読みたい人は読まない方がいいかもしれません。
でも別に私の感想程度の言葉では
全然内容について説明なんかできないんですけれども。
つづきを表示
スポンサーサイト
© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。