page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ポジティブにゆこう。
テスト勉強もそこそこ目処がたってきたところです。
多分本当はそうでもないんだけど
(やってないことは多いんだけど)
そう思うことにしました。
できないーだめだー落とすーとかゆってたら、本当に落としそうだし。
大丈夫だろって、思ってたら大丈夫なんじゃねぇかって。

言霊って、あるのかなぁと思います。
何を当たり前のことを・・・って思われるかもしれないけど。

ラーメンズの公式サイトがオープンしてから約1ヶ月です。
そのサイトには、小林さんのコメントが載ってるページがあって
ファンとしてはやっぱりドキドキしながら読むわけですが、
小林さんのコメントはいつもいつも、ポジティブな言葉で溢れてます。
1ヶ月たって今気づいたのかよって感じですかね・・・すいません。
でも、改めて今日また更新されてるのを読んですごく実感したの。
自分が参加したイベントだったり、見に行ったライブの感想なんかが
主になっているわけですが
もう眩しいくらい真っ直ぐな肯定の言葉を使っておられます。
素晴らしいものを観たり、素晴らしい人に触れたら、
それをそのまま表現したくなるものだと、思います。
「この舞台がすごかった!」「この人すごいんだよ!」って、
誰かに伝えたくなると思います。
でもさでもさでもさでもさ・・・
こんなに真っ直ぐ、こんなにはっきり、こんなに清々しく、
言うものなんだねぇ・・・っていう感動です。
それは多分小林さんもまた表現者であるから、のびっくりなんだと思う。
自分も舞台を作る側(側とかいう言葉はちょっと変だけど)であるのに
ふつーに観客なんです。
自分とか、自分の作品とかと比べるとかそういうことじゃなくて、
ふつーに観客になれるっていうのは、何かすごいなぁと思ってしまう。
だって自分が作り手だったら、そういう目で見てしまうんじゃないかなぁ?
私は自分がそういう表現とかしたことないからわからないけど
他の芸人さんって気になるものじゃないんでしょうか?
だから小林さんの言葉がすごくポジティブなのって、素敵だなぁと思うのですよ。
実際小林さんの周りにいる人たちが
すごく素晴らしくて素敵な人ばっかりなんだろうなってのもありますが
そういう人々に囲まれてるってのもまた小林さんの人望なんだろうなぁ。
・・・なんていうかつまり、すごく素敵なサイクルができてるんじゃないかと。
で、そういう素敵なサイクルは
言葉からでも始められるんじゃないかと思ったわけです。

否定することは簡単だけど
肯定するほうが楽しい。
そんな野暮なことを言うより先に、ポジティブな言葉を選びたい。

・・・だって何かさー、幸せになったのよ。
小林さんの、バカリズムのライブに行った感想とか
安田さんと犬飼さんのライブに関わった感想とか読んでて。
顔がほころんだんです。


今日の日記は、私の言いたいことが全然うまく言えてない気がする。
ちゃんと文章に出来てない気がする。まーいっか。
スポンサーサイト
© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。