page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
二枚目
怒涛の古畑任三郎鑑賞終了。
でも全部見たわけじゃない。
ちょこちょこ見たいのだけ見て、
3rdシーズンだけ全部見て、
あとスペシャルをいくつか見ましたが
やっぱり面白いねえ。面白い!!

以下だらだら古畑語り。

つづきを表示
スポンサーサイト
page top
大日本人
初日に張り切って観に行ってきました、「大日本人」
ちなみに明日も行きます。
明日は友達と行きます。今日は一人で行きました。

最初から、2回、3回観ることになるんだろうと思っていたのですが
やっぱり明日も行くことにしてて正解だったと思います。
多分3回目は水曜日とかになります。
さすがに、お金が・・・ね。

ただびっっっっっっっくりしたのは、
映画が始まる前に後ろの席にいたカップルの女が
「まっちゃんお笑いの人だからねー、私はあんまり期待してないよ。
私の評価は厳しいと思うな」
と言っていたことです。
誰かの映画を自分が「評価」できると思ってることがすごいわ。
信っっっっっっっっじられないと思いました。
むしろ試されているのはこっちだと思わないんでしょうか。
お笑いはなんでもそうだと思うんですけど、
試されたり評価されたりしているのは常に観客側なんじゃないでしょうか。
「俺が面白いと思っているこの事で、お前は笑えるか?」
と感受性を試されているんだと思います。
ですが、だからといって
笑えることが正しくて笑えないことは間違っている
とまでは思いません。それは好き好きです。
どの芸人さんで笑うかというのは、
どの芸人さんのテストには答えられるかということだと思います。
だから一般的に多くの人が支持するような芸人さんで笑えないとしても
それが間違っているということにはならないです。
答えられなくても何の問題もないんです。
ただ、それを「○○は面白くない」という風に言うことは違うよ。
それなのにですね、人は簡単に「面白い」「面白くない」ということを
言うんですよ。
自分中心の典型だと思います、この考え方。
お前基準か?何様だ?神様か?と思います。
だって面白いかどうかなんて主観じゃないですか。
だから芸人さん自体は「面白い」「面白くない」の性質は
厳密に言えば持っていないんじゃないかなあ。
強いて言うなら面白くないのはお前だよ。と思います。
「面白い」「面白くない」が客観的事実だと思っているお前が
「面白くない」よ。
・・・熱くなってしまいました、映画と関係ないのに。
でもびっっっっっっっくりしたんですよ本当に。


映画の話映画の話。
ネタバレをしない範囲で思ったことを言うと、
もう監督が仰っていた通りだという・・・ことですかね。
今まで誰も観たことがないと。
少なくとも私は今まで観たことがない映画だと思いました。
今まで観たことがないといったって、
観る前はここまでとは思いませんでした。
そうは言っても映画でしょうよ?と思っていたんだと思います。
しかし、実際は、
こんなにか?こんなにもか?というくらい、
観たことがないかたちの映画でした。
何もかもが違います。
確実に、映画というものの枠を広げていると思いました。
なのに、ものすごくリアルでした。不思議なくらいリアル。
そしてこれは確かに、前情報がなければないほど面白いんだと思います。




以下、ネタバレ含む感想です。
観に行こうと思ってらっしゃる方は
これから先は読まないほうがいいです。
まあ読んでも面白くは絶対にないです。
ネタバレ含むといってもストーリーの説明は
私の語彙じゃ無理なんですが。

つづきを表示
page top
15弱
相変わらずジュニアさん嵌りの日々です。
なんかもう、多分しばらくはこういう状態です。

だってラーメンズ動きないじゃないですか。だからってわけじゃないけど。
それに比べて千原兄弟はテレビで見れますからね。
どっちもいいんですけどね、
舞台でいっぱい見れるのも、テレビで見れるのも、
好きな芸人さんの露出は嬉しいものです。
ちなみに来週のダウンタウンDXに出られるそうです。
すべらない話の第9弾も続々放送されてるみたいで、
熊本ではもうあったのかしら?見てないけど。
でも長崎の放送を妹が録画してくれているので
GWに実家帰ったら見れます。
この前徹子の部屋にも出たらしいですよ。
見たかったわー。
情熱大陸も割と最近だったんですよね、見たかったわー。
この前HEY!HEY!HEY!に出てた感じを見ると
月1くらいでこれから出たりしないかしら?
数組の芸人さんローテーションで、しないかしらん?
という期待もあります。
千原兄弟はテレビでも舞台でも素敵で
ジュニアさんって多彩・・・お笑いという点において
多彩すぎると思う。
最初ビデオを見たときは発想で勝負するタイプなのかと思ったけど
トークも面白いのを思い出して、
どっちもいけるんですねーと、感動。

というわけで気持ち悪いファンの語りが入ってしまいましたが
「15弱」見ました。
去年の夏?のライブを映像化したもので
千原兄弟としては割と久しぶりのライブだったみたいです。
タイトル通り、15本弱のコントが入ってます。
15本というのを聞いたらわかると思いますが
1本1本は短いです。
ショートコントというには長い、でも肉付けはされすぎていない
発想をぎゅっとして作ったような印象のコントがつまってて
凝縮されたエキスをぐわーっとのみ込んだような後味です。
15本もあるのに、15本とも全然色が違う。
1つ1つ濃いのに胸焼けはしない。
むしろもっかい見とこうかなという気分になる。
うーん・・・これは買いだと思います。

1本1本ネタバレしながら感想書いてたら疲れそうなのでしませんが
全部面白かったです。
特に個人的にすきなのは・・・あーやっぱ全部かなー。
ジュニアさんってやっぱすげえなー・・・
大喜利の本とか読んでもすっげぇ発想だと思います。
言葉の選び方とかが、誰かに似てるとずっと思ってたけど
そうじゃないんだなーと最近思うようになりました。
全く別なのかな。と。
page top
6人の放送作家と1人の千原ジュニア
見ました。
買おうかな・・・と思いました。
もうこれが全てでこれ以上の言葉では表現できないです。


・・・といいつついろいろ書きたい乙女心。
ジュニアさんってすーげーえー・・・もうこれ書くの何回目?
あっちこっちでジュニアさんすげージュニアさんすげーって、
はまってんのはわかるけどそこまでいくと若干うざいよって、
言われるわー・・・言わずとも思われるわー・・・


だからちょっと人目に触れないところにと思って
ここに書くんじゃなーいー。

いまをときめく作家さん6人が集まって
ジュニアさんでなんかやってみようっていう舞台です。
ひとり15分くらいの時間でそれぞれ好きなことを。
メンバーが、私でも名前知ってる方が多くて
どんなことになるんだろうと思ってわくわくしてたわけですが、

期待通りといえばそうで、期待以上といえばそうです。
尋常じゃない期待をしたんで、まぁね。
でもある意味では期待を吹っ飛んだところでこえられてしまったり。
うーん、だから・・・ジュニアさんがすごいんだか
作家さんたちがすごいんだかもはやよくわかんないけれど
要するにとても楽しませていただきました。ということです。

とりあえず鈴木おさむさんのはもっかい見ないといかんな。

以下はちょっとネタバレも含みます。
つづきを表示
page top
僕の歩く道
今期、このドラマだけは何が何でも見ようと決めていたのですが、
やっぱり見ることにして正解でした。
これから3ヶ月またリンカーンが見れない日々が続くけど
そんなことはどうでもいいです。

ここでも何度も何度も書いてるけど、
私は本当に草さんが大好きなんですよ。
特に、お芝居をしているときの草さんが大好きなんです。
だからやっぱりそれがきっかけでこのドラマも見ようと思ったけど、
見てみたら、内容のほうにもちょっと興味がわきました。
でもまぁ、今日はとりあえず草さんの素敵具合について語ります。


このドラマが始まるにあたって
いろんなテレビ雑誌のインタビューを受けてらっしゃるんですが、
その中のいくつかで、
輝明が純粋だけど、それは草さんだからできる役なんじゃないか
(草さん自身が純粋だからできるんじゃないか)
みたいなことを言われて
「僕自身は全然純粋じゃないしきたないことを考えることだってある。
でも誰にでも純粋な部分はあると思う。
僕は、役によって自分の純粋な部分を引き出してもらってると思う」
っていうような発言をなさってるんですよ。
それは、きっと草さんの本心なのかなと思うけれど、
そういう風に考えることができるのがもう純粋な証拠じゃないかと
私は思う。
純粋とかいう言葉はどこか抽象的で
適当な印象があるなぁと思うけど、
他にいい表現がないからこういう風に書いてます。
私も、インタビュアの人と同じように、
草さんだから出来る役なんだろうなって思います。
ドラマ実際に見て、余計そう感じました。
輝明さんは、純粋だとかピュアだとかいう言葉で表現するのは
適切じゃないかなと感じたけど、
草さんは純粋なんだなーと思いました。
役者として、役に対して純粋でまっすぐなんだなと思いました。

もうとにかく素敵だった。
とにかくとにかく素敵だった。
間違いなく毎週見ます。


で、いまぷっすまがあってるわけです。
火曜日は草さん祭りですね。嬉しい・・・。
page top
UDON!
UDON!見ました。
というわけで、以下感想。

あ、ネタバレ含みます。

つづきを表示
page top
ぼくらの勇気 未満都市
昔のドラマです。キンキキッズ主演の、うん。
私と同じ世代の人だったら懐かしいと思うと思うんだけど、
あの「愛されるより愛したい」が主題歌のドラマです。

妹が最近キンキにはまってるんですが、
その妹の希望でレンタルして一緒に見て、
思わずはまりました。
なんていうか、まぁいろいろ無理があるなーとか、
そういうことはおいといて、
キンキが若いとか、矢田亜希子が出てるとか、
面白い発見がいくつもありますよ。

私もうまく説明はできないんだけど、
何かしらの事件があって(表向きは地震、中の子供への説明は隕石、
真相はまだわからない)
その地区にいる大人が死んでしまって、
でも子供はなぜか生き残って、
その子供に触れたら大人も死んでしまうような
とにかく危険な生物にやられてしまったっぽいんですが、
その中にヤマト(光一さん)とタケル(剛さん)が
友達や兄弟を探しに入ってしまって
出れなくなって・・・ていう感じのところから話が始まるんですが
ヤマトとタケルってねぇ・・・ちょっとすでにそこが面白いよね。
その地区を管理している大人はやたら怖くて、
食料は満足に配給されてなくて、
子供たちは争って、しっちゃかめっちゃかの状況です。
でもその中でだんだんリーダーになっていくのがヤマトで、
そのヤマトに想いを寄せるのがユーリ(宝生舞さん)で、
そのユーリに想いを寄せるのがタケルだったりするんですよね。
ちなみにヤマトには彼女?のスズコ(矢田亜希子さん)がいるんで、
もうヤマトもてまくりなんですよ。
さすがに正義感にあふれたヒーローはかっこいいですからね。
タケルはちょっと三枚目ぽいんですよ。

このドラマが実際に放送されてた頃は
正直あんまり理解してなかったような気がするんだけど
今見ると結構面白いですよ。
お芝居が、慣れてない感じはあるけど光一さんカッコいいしね。

いま、柴崎さんが実はいい人なんじゃねーのってところですが、
最終巻が再生不能な状態なんです。
これは店に言わなきゃですね。
言ったところでどうもならんけど。
別の店とか探しに行くしかないかなー・・・うーん・・・
でも最終巻は見たいでしょ!
page top
Bananaman Punch
昨日借りてきたDVDです。
面白かったーぁ。満足。
このライブは、3月に福岡でもあって、行きたかったんだけど
日にちが「○maru」とカブっちゃってて、
私は○maruを選んだために生で見れなかったライブです。
ちなみに福岡公演がバナナマンは1回、小林さんは3回で、
つまりバナナマンと小林さんがカブってるっつっても
3回のうち1回だから、両方見れるんですね普通に考えたら。
でも、小林さんを3回見たかったんです。
仕方ないんです・・・好きなんだもの。
でも妹はバナナマンを見に行きました。
後悔はしてないけど、うらやましかった。
でもこうやってDVDで見て満足できてるあたりが
私はやっぱり小林さんのが好きなのかなーと感じるところですね。
いたいいたい。

このDVDの話ね。
ベスト版みたいな・・・感じのライブで
今までのネタの中から選んで全国ツアーだったわけですが、
見たことがないネタもあったのでそれはそれで新鮮に面白く、
でも知ってるネタもまた味わい深く面白かったです。
何かよくわかんないんだけど、
バナナマンの、特にこのライブがそうなのかもしれないけど、
コントがきゅんとする感じのが多いんですよね。
Mountainとか、最後きゅーんとなるし
(それまでの設楽さんがあまりにも可愛い所為かもしれない)
赤えんぴつも、歌がすでに切ないし。
一番好きなのは、恋人岬だけど。
あれの、佐藤くん(設楽さん)がやばいくらい素敵なんですよ。
こんな男子がいたら確実に惚れるよね!っていう感じの。
後藤さんと一緒にどきどきです。
あと、このコントはオチがすごく綺麗できゅんとなるんで大好き。
設楽さんとかの言葉の選び方はすごく可愛らしくて
好きだなと思います。

バナナマンといえば、日村さんのブログに
ライブとかのことについて書いてあって、
それを読んだらますます日村さんのことが大好きになっちゃったよ。
私はコントしてるバナナマンもテレビに出てるバナナマンも
(貴乃花も)大好きです。
page top
ディープインパクト
日文の友人と一緒に持ち寄り映画上映会をしまして、
それでその中のひとりが持ってきた
ディープインパクト。
(ちなみに私は「机上の空論」を持参、なかなか好評)
私、これ見たことなかったんですけども、
(基本的にあんまり映画は見ない)
すごーいですね。
あんまり上手にいえないけど、以下だらだら感想。

つづきを表示
page top
となりのトトロ
子供の頃から何度も何度も見たけども、
放送があれば見てしまう、それがトトロだと思います。
きっとそんな人がたくさんいるから
割と頻繁に放送されるんだろうなぁ。
何回放送しても数字がとれるんだろうなぁ。

私は正直ジブリはあんまり見ないんですけど、
(嫌いなんじゃなくてただ何となく見ないだけです)
トトロだけは何回でも何回でも見れてしまう。
大好きなのねん。

このアニメに出てくる、どのキャラクタも素敵で
悪人はいないの。
時間が穏やかに流れてて、どのシーンを切り取っても
思わず笑みがこぼれてしまう。
頬が緩むんですよ、メイちゃんとかを見てると。
そしてトトロとネコバスのふかふか感。
触りたくなるようなあの感じは、みてるだけで
ふかふかした気持ちになりますよ。
トトロのお腹に乗ってみたい、ネコバスに乗ってみたいって、
誰でも一度は思ったんじゃないかと思うけど、
それはもうひとつの夢ですよね。

今の私がトトロに会うことが出来ないのはまぁ、もちろんだけど、
多分私がサツキちゃんくらいの年の時でも、
トトロには会えなかったと思う。実際会ってないしなー。
メイがトトロに会ったことを、
信じられるお姉さんじゃなかったと思う、私は。
サツキだから、メイだから会えたんだろうなって思う。
だからすごく羨ましいんだよねー。

誤解を避けるために少し言うと、
私が昨日サツキちゃんがいろっぽいと書いたのは
彼女はセクシーだとかそういうことじゃなくて、
女として男をひきつけるような色気という意味じゃなくて、
人間としてというか・・・なんかこう
上手く言えないんだけども・・・
簡単に言えばとっても魅力的だって事なんだけど
それをいろっぽいっていったのは、
芯の強さが見えるからかなぁ。
きっといい女になるんだろうなぁっていう意味で、
いろっぽいんですよね。
特にカンタ?の視線を通したときのサツキとか、
トトロに「メイを助けて」って言うときのサツキとか、
こりゃ将来いい女になるんだろうなーって思いません?
あと声もいいですよねぇ、うん。
同年代の子とかに比べるとすごくしっかりしてて明るくて、
でも子供らしい純真さも持ち合わせてて、
思いっきり顔を崩して笑ったり、はたまた穏やかに微笑んだり、
弱さを見せる瞬間もあって、
もうとにかく素敵だといいたかったんですよ。
まとまってねぇ。

お父さんも好き、メイも好き、おばあちゃんも大好き、
出てくる人みんな大好きですよ。
おばあちゃんのモノマネは何気に私も得意だったり。




あ、文学演習のレポート終わりました。
優先順位が早くも崩れてますが、
語学特殊講義の方がなかなか進まないもので。
恐ろしいよー終わらなかったらどうしようー。
もうね、私が索引作ってますから(笑)
だって旧大系とすげ違うんだもん・・・むかつくわ。
地道ですよーすっげ地道ですよー。
レポートのことばっか毎日書いてるけど、
過程を書くことで危機感を持ち続けるためにね。
© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。