page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
現実は裏切るもので判断さえ誤るからね
ヘルタースケルター見てきた。
エアコンの効いた劇場で結構な汗をかいた。
そんくらいすごかった。

以下、ネタバレだだもれ感想。
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
今そこで光っている笑顔はあなたの 幸せの証
今日は久しぶりにまったり過ごせる土曜日だったので、
もういい加減どうにかしないとと思っていた
部屋の掃除にとりかかりました。
年度末の大掃除ってことで。

まだ完了はしてないものの、若干スッキリして
気分がいいです。

で、ただ作業するのもなんだなと思って
なかなか見出しきれずにいた「A CLIP BOX」を
流しながら始めたんですが
見ていて、改めてあゆさんのすごさにたまげて
頭ぐるぐるしてきたので
久しぶりにブログでも更新しようかという気になりました。

以下、「A CLIP BOX」ブルーレイのディスク1と2の
感想です。

つづきを表示
page top
ごめんね今も 愛しているよ  ずるいかな でも愛しているよ
長文注意。


9月の連休で、東京に遊びに行ってきました。
すーごい楽しかったのでその旅行記。
ミクシにもちらっと書いたんだけど
こっちはほとんど誰も見てないだろうってことで
長々書くよ。
ミクシでは書けないか?と思うこととか。
いや、書けないことなんか何もないんじゃないかとは思うけど。

とにかく長文なのでお気をつけて。




つづきを表示
page top
笑顔のまんま
お笑い好きとして、
きれいごとでなく本音で、
ちょっと痛々しいけど叫びたい。

今年の27時間テレビはよかったよ!
すごい面白かった!
そして、面白かったからこそ、
最後に号泣した。

100キロ走る相方への心配や思いは微塵も見せずに
むしろ笑いに昇華して、
とにかく面白く、面白くで26時間やった岡村さんが泣いたから、
最後の最後の1時間に真面目に泣いたから、
こちらも涙が止まらなくなった。

お気に入りのタレントや各局社員に身体はらせて
「素敵やん」で涙、とはわけがちがう。
あー言っちゃった、言ってしまったー!
だって過去2年の27時間テレビ、
なんかおかしいなぁって、これやるなら日テレ行けばって、
思ってしまうような企画だったじゃない。
(うんざりしたからあんまり見なかったけど
三輪車は真剣に意味不明だと思った)

矢部さん関係の中継、すごい少なかったなーと
全体通して思いました。
そしてそれが、いわゆる押し付け感動にならなかった一つの理由だと思います。
矢部さんが出る時は、変なコントが背景につく時で
走ってる矢部さんからしたら、
最高に鬱陶しかったに違いない場合ばかりだった。
走ってる矢部さんからしたら、
こんなに頑張ってるのにちょくちょく中継を入れてくれないなんて
って話だったかもしれないけど
見てる側としては笑うだけ笑わせてもらった後に最高の感動をもらえたな、
・・・なんて思ってたら。
甘かったです、自分・・・すいませんまじで。
ゴール後、矢部さんは「面白かったよね?」って。
どんなに自分が必死になって走ってても、
感動的にゴールして相方に熱い抱擁を受けたとしても、
面白かったかどうかが一番なんだと思ったら、
ますます感動した。
それはもう、あなたの相方が最高に面白くしてくれてたよ!って
一人の部屋で泣きながら叫んださ。
そしてそんなこと、矢部さんは最初からわかってたに違いないんだ。
最後に感動があると思って、感動させられると思って走ったんじゃない、
番組をただ面白くするために走った、だからこそ面白くなったし、
おまけのように最高の感動がついてきた。
そこがどっかの叔父ミッツやどっかの六角形とは違うところ。

矢部さんだけじゃなく、中継がすごく少なかったのもよかったですし
とにかく「芸人さんの」バラエティとばかり絡んだところがすごかった。
もじもじくん→ホンマでっか?→さんま中居の今夜も眠れない
→恋の若騒ぎ→殿様のフェロモン→ペケポン→いいとも→アカン警察→ネプキッズリーグ
→さんまさん、今田さんとピカルの定理でライブ
ざっとこんな流れですよね。
間に、すぽるととかめざましとかの情報系や短い
ニュースが入ったり、
スマップが歌ったり料理したりとかはあったけど、
基本的にここ2年は出なかった大物芸人さんが沢山で、によによが止まらなかった。
とんねるずもダウンタウンも出たんだよー
さ い こ う だったよー

え、私はおっかけでほぼ全部見ましたよ。
CMとか、見なくていいやと思うところを飛ばしながら見たら、
間にがっつり8時間の睡眠を挟んでも
実際の時間より1時間遅く終わっただけだったよー。

いやー、ほんとにお笑いって素晴らしいですね。

ナイナイさんも素敵だったけど
中居さんもどんな芸人さんと絡んでも適切においしかったけど
やっぱさんまさんのかっこよさは尋常じゃないなと思った。

「テレビで泣いたらさんまさんに怒られる」って
岡村さんが泣きながら言ってたけど
確かに芸人はテレビでそうやすやすと泣くもんじゃないと思う。
笑わせるのが仕事なんだから。
でも、さんざん笑わせて、さんざんバカやって、
真面目な言葉なんてテレビでは話したりしなかった、
画面の中では常に期待された通りの芸人だったさんまさんが
今回の復興ライブにあたって
「日本の皆さんにこれだけかわいがってもらって、
今しか恩返しはできないんじゃないか」
ってインタビューで語った時、
それまでにそんな真面目な発言をあまりしなかったさんまさんだからこそ
「恩返し」という言葉に陳腐さが感じられなかったし
何十年という芸歴が全部フリになったかのように
いっそ重みがあった。

こんなことを言うとそれこそ陳腐だけれど、
普段安売りしない真面目な熱い発言だからこそずしっとくるし
ここぞ、というところでキメるからかっこよさだけ際立つ。
常々「俺は熱い男だ」というアピールをしていたら?
熱い持論を番組で展開していたら?
さんまさんがそういう人だったら、こんな風には感じられなかった。
笑いに対しては冷徹にさえ見えるお笑い怪獣が、実は熱い魂を持っていたってところが
やっぱりいいのだ。
というか、逆に言うと、熱い魂があるのにそれをひけらかしたりせず、
自分は笑い以外のことに関してはちゃらちゃらと生きてきたことさえアピールして、
お笑いにはとことん厳しいという姿だけを見せているさんまさんって
ほんと、どこまでかっこいいのと。
震災がなく、復興ライブがなければ、この真面目な面は
大々的に見せる機会も訪れなかったのかと思うと、すごい。

笑いだけにひたすら一途な人だから、
笑いにだけはとにかく誠実だから、
見ている人の心をこんなに長い間つかみ続けるんだろうなぁ。




お笑いってのはつまり、愛だなと
強く感じた27時間テレビでした。
だから、素人が気軽に手出ししちゃぁいけない領域なんだよ。
愛と想像力がないとできないこと。
↑や、ちょっと嫌なことがね、あったのよ。

なんで「俺面白い」って思ってる男って多いんだ!
おもしろくねえーよ!
ほんとにおもしろかったら、あんたとっくにプロになってるわ!
女が男の話に「心から」笑うとしたら、
その男の母親か、その男と付き合いたいか、男がプロか、いずれかだと思っている。
後は愛想笑い。
女子のおあいそ笑いを真に受けてんじゃねぇーよ!




芸人さんの悪口や、お笑いに関して愚痴は書きたくないと思ってたけど
今回は評論家気取りを許していただきたい。
あんまりにも素敵だったから。
page top
あなたの似合う色は私のと違う
昨日の私、荒れすぎだな。
記事のタイトルもつけないで、
言いたい放題じゃないか。

言ってることはしっちゃかめっちゃかだし。




よっぽどだったんだと思ってくださいごめんなさい。













さて、お口直しにちょっと恋バナでも。

自分がこんなことで・・・っていう悲しいっていうか
情けないことがあって・・・

この前同期の人たちとバーベキューに行ったんだけど
そこでさ、手際よく火をおこしたり、ものを焼いたりしてる隣の男子に
はからずも胸がときめいてしまい
まさか自分が、アウトドアで異性にときめくとは思ってなかったので
おもいっきり動揺してしまいました。
炭で汚れた手にこんなにドキドキするなんて!
26にして初めてです。
なさけねえ。
落ちた炭を私が拾ったら、それを受け取りながら
「手が、(汚れるよ)」って言われて
お前中学生かってくらい顔赤くなってたと思う。
恥ずかしい!全力で恥ずかしいよ!

しかしそんな彼には恋人がいるのでね、
ときめき以上のものはないわけですが
でもこの種類のときめきって、みんな10代で経験してるのよね?
私こんなになるまで知らなかったよ!
恥ずかしい!
page top
むしゃくしゃが止まらないから吐き出させて。





なんでおっさんってのはあんなに怒鳴るんだ!
なんで客ってのはあんなに偉そうなんだ!
偉いのか?えらいのか?

私はもうお客様ってのは人間じゃないと思うようにしているんだけど
それでも我慢ができないこともあるって!
(お客様はお客様という生き物であって同じ人間ではないと思う
というかそう思えば溜飲が下がることも沢山ある
だって例えばカマキリとかライオンと分かり合うなんて土台無理じゃないか)

前の職場にいた時からずっと思ってたんだけど
お客さんの中で一番悪質なのはおじさんという人種だ。
少なくとも20~30代の女性従業員に対しては間違いなく一番悪質。
とにかく怒鳴る、わめく、たたく(カウンターやテーブルを)、
女性従業員が怯めば自分の言うことが通ると思ってるのか知らないけど
意味もなく大きな声を出す。

よほどほかに威張る場所がないのか、
中年男性はほんっとうに店員に横柄な態度をとるよね。

却って若い人のほうが男女とも店員には丁寧だったりするよ。
いや若い人はめんどくさいだけかもしれないけど。
うん、まぁそういうのも人によるってのもわかるんだけど。

私の経験の中ではやっぱり
強烈に理不尽ないちゃもんをつけてくるのは決まっておじさんだったから
もうイメージがこりかたまってしまっているのかもしれないけど。

男が嫌いすぎて吐きそうになる、たまに。
でもまだ好きな男もいるから私はセーフだと思っている。
ははは。







そういうのがあったからなのか、
スカッとする話が読みたくて仕方なかったんですよね。
水戸黄門みたいな。

シンデレラは最後に継母と姉をこてんぱんにするラストの方が好きです。
ハトが姉の目玉をつつきだすところとかね。
目ぐらいじゃ足りないけどね。

だって、よくあるじゃない、
悪い奴が反省して、それを許してみんなで笑ってめでたしめでたし的な。
私あれが昔からどうしても嫌いで
なんで悪い奴を許しちゃうの?って思ってしまう。
悪いことをした奴は、徹底的に叩き潰すべきだと思うし
悪い奴は絶望して死ねばいいと思っているから
許されるラストとか、幼心に絶対おかしいと思ってた。

だめだな、こんなだからだめなんだろうなと思うけど
悪い奴は懲らしめられないと、せめて物語の中でくらい。

自分が割と真面目に、ルールを守って生きてきたからなのか
ルールが守れない人は基本的に嫌いだし
罰はしっかり与えられるべきだと思ってるのよね。
だって真面目に生きてるのがばかみたいじゃないか。





もう引かれるの覚悟で書くけど
(我慢できないから)
私遅刻がだいっきらいで
自分が遅刻するのがほんとに嫌で
絶対に5分前には周辺についてないと嫌で
1分でも1秒でも遅れたら遅刻だと思ってるから
(仕事や学校以外でも)
人を待たせるとか想像するだけで背筋が寒くなる。
だからちゃんと逆算してさらにかなり余裕をもって準備を始めるし
万一遅れるようなことになる場合は
心の底から相手に申し訳なくて
恥ずかしくてたまらない。
自分がそうだから、
だれでも遅刻は恥ずかしくて相手にひどい迷惑をかける行為だと
思ってると思ってた。
(そこが私の致命的にだめなところ)
だから遅刻して平気な顔してる人とかほんとは信じられない。
平気な顔してても平気じゃなくて実は落ち込んでるのかもしれないけど
うちの弟はまったく時間にルーズで
私は弟のそういうところがほんっとうに嫌い。
大学の授業でも平気で遅れて入ってくる人とかいたけど
(そういう人はいつも決まって同じ人だったけど)
「誰に迷惑かけてるわけでもない」とか言ってるのを聞いて
てめえが入ってくることで一瞬空気が止まってるのはあれ、
先生にとって迷惑じゃないと思ってるんか、めでてえな、
ってよほど言ってやりたかった。
時間も守れない奴が、
他の何を守れるっていうんだよ。

なんか携帯あるから連絡すればいいみたいな空気あるけど
それってどうなのっていう、
ありがちな提言をしてみたい。
いやー・・・
なぁなぁでいろいろ許してもらえると思ってる人っているよな。
許してもらうどころかこっちに罪はひとつもございませんみたいな。

自分が気にするから、
相手も同じように気にしてくれるべきだっていうこの
私の考え方もどうだっていうね。
わかってるけどね。
でも時間守るって普通のことじゃない?
時間はさ、守ってほしいってのはさ、相手に期待してもいいことじゃない?
たばこを吸うなとか酒を飲むなとか、
そんなのは好き好きだろって話かもしれないけど
でも時間は守りましょうじゃない?
5分前行動って言われたじゃない?

ぶっちゃけて言うと多分、
時間を守ってもらえないってのは
自分を軽んじられてると思うから
不愉快なんだと思う。
私だってどうでもいい相手なら、遅れたって構わんくらい思う。
待たせるのが申し訳ないと思うのは相手が多少なりとも大事だからで
相手にとって自分はそうじゃないのかと思うから嫌なんだろうなあ。
で、授業に遅れる奴を見ていらっとするのは
自分が重んじてるもの(授業)を軽んじられた気がするからかね。

と、ここまで考えると私もたいがい自己中なんですが、
だって好きな相手との待ち合わせにも遅れる人だっているんだし、
それを否定はできないんだもんね。







あー、わけわからん、
話が四方八方にとんだな。
一貫してるのは、私がむかつくことってだけだ。
毒出し、です。
読んでる人いるかわからんけど
読んだ人ごめん。
page top
何か期待してるなら
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
page top
私にはこんな場所からこの歌を歌うことでしか
こんな時に、
ブログ更新というのも
不謹慎・・・かとは思ったのですが。

今回の地震で、
ツイッターやmixiが
結構な情報源になっているのを見て
驚くと同時に
こういうものをこういう風に利用することを
すぐに発想できる人たちが
この国には沢山いて
そのことが少し、嬉しいと思いました。

そして、
地震発生後からすぐに
情報を広げることに努めているあゆさんについて。

mixiニュースで、
あゆツイッターで激励コメント
みたいな見出しの記事があって
あゆがつぶやいたコメントが抜粋してあったんですが
そのニュースに関して
なぜ批判的な日記を書く人が
こんなにも多いのだろうと
こんな時にほんと何なんですが
悲しくなりました。

海外のセレブが多額の寄付をしたという
ニュースもツイッターやmixiでは流れていますが
それと比較して、
あゆはコメントだけかとか、
激励ならだれでも出来るとか、
お前も寄付しろとか、
mixi日記で書いてもほんとどうしようもないことを
書いてる人が沢山いました。

ツイッターでのあゆの動きを追いかけきれていないのですが
私があゆのコメントを読んだ限り
あゆは寄付、募金、を昨日も今日も行っているし
チャリティーイベントも企画し始めているとのこと。
必要を感じないので公表しないだけだとのつぶやきの後
しかし、募金していたことを明らかにしました。

今は、日本人としての美徳や奥ゆかしさではなく
現実的な貢献のために
公表すべきだという意見もあるようですが
(あゆは影響力を持つ有名人だから
あゆが募金している、私も・・・とファンが動くように
公表すべきという意見)

あゆのファンは、
あゆがそれを公表しようがしまいが、
わかっています。
あゆは真っ先に募金、寄付を行うこと。
被災地のために何が出来るか、
地震発生以来考え続けて、動き始めていること、
だから、私たちも何か出来ることをみつけて
動きたいと。

寄付を公表すれば売名と叩かれ
(今さらどんな売名かと・・・)
公表しなければ、日本のアーティストは薄情と叩かれ

被災地の方々が、
寒さや飢えや渇き、命の危険と闘っているときに
芸能人をネット上で叩くという
これ以上ない非生産的なことをしている人もいる。

平和な自分の周囲と
テレビで流れる衝撃的な映像とのギャップで
不安定な気持ちになっている
被災地以外の人々、
沢山いると思います。

だけど、自分に出来ることを冷静に考えて、
それを行うこと、
それが一番大事であって、
不安定な思いを
誰かへの不満という形で表現して欲しくはない。

皆、日本のために、被災者のために、
一生懸命なのだから。

私は、ツイッター上だけですが
あゆの言動を見て、勇気をもらいました。
自分に出来ることをしようと思いました。
ひとりひとりのこういう気持ちが、
少しでも早い救出や復興につながると信じています。
page top
お決まりのパターン
韓流ドラマ「美男〈イケメン〉ですね」が
夕方に放送されてるんだけど、
それをなんとなく見てたら
途中から気になりだして
いまやすっかりはまって見ています。

面白いんだよ!
笑える、という意味で面白いんだよ!

もうね、画面の前でね、
大笑い!

あり得ない少女漫画設定・・・というか
少女漫画でもいまどきないくらいの逆ハーレム状態

韓流ドラマのことなんにも知らないんだけど
「これぞ韓流の真骨頂!」と思ってしまう
面白さ。(もうとにかく笑うから!)


韓国のドラマってどれもこれも、
二番手の男子が出てくるんだけど、
ヒロインの相手の男の子が
短気でツンデレ、阿呆全開な中
二番手は完璧な王子様に徹するわけですよ。
底なしかと思うほどの深すぎる愛情で
ヒロインを包み込み、
何もかも投げ出してヒロインを守り、
そして自分の恋は報われないと知りながらも
ヒロインの支えになる、という
涙ぐましい男が出てくるんです。
(言ってみれば花沢類みたいなキャラが
恋愛物には必ず出てくるんですよ。
でも花沢類は一途にヒロインを想ってたわけではないし
こういうキャラ、日本のドラマでは
あんま見ないような・・・)

そしてその二番手王子は決まって
ものすごくカッコいい愛の告白をかますわけです。
日本の男子にはちょっと言えないような、
そもそも日本じゃ、ドラマでも見かけないような甘い台詞で、
ストレートに愛を打ち明ける二番手。
しかしヒロインは二番手のことは好きではなく・・・
というパターンを、
少なくとも私は5つ見ています。
むしろ私があらすじを知ってる韓流ドラマは
全部このパターンだったと思う。

この「美男〈イケメン〉ですね」も
そうなんです。

韓国のドラマは、
ここまで女性視聴者の欲望を満たさないといけないのか?
と思うんですが・・・。

だって
【二番手王子】→大好き→【ヒロイン】→好き→←大好き←【ヒーロー】
みたいな図式が必ずといっていいほど成り立つなんて・・・
パターン!
ほかにねえの!?

二番手がカッコイイ告白をかますと書いたけど
最後にはヒーローからのかっこいい告白もあるわけで
(言うまでもないことですが
ふたりともイケメンだし、ふたりともすげーモテる男です)
女の欲深さを垣間見る思いです。

それに気づいちゃうと、AKBをフるゲームに興じている殿方を
バカにできませんよね・・・
page top
運命の相手が必ずいるのなら
新しいアルバム、
年末のテレビ出演、
年始の結婚発表、
そして雑誌のインタビュー、

これ全部含めて、
「ああ、浜崎あゆみだなあ」と
強く感じました。

というわけで今回は
アルバムから結婚の流れに
いろいろ付け加えながら感想を。


つづきを表示
© Maidenhood. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。